ログイン | ユーザー登録
100万人が使ってる!1秒で質問できるQ&Aサイト
トピック:Test1のクエスチョン
関連クエスチョン
0
グッド
0
回答数
66
ビュー
0
グッド
0
回答数
124
ビュー
0
グッド
0
回答数
138
ビュー
スポンサードリンク
Test1のツイート
答4-8-2 次の文について正誤を答えなさい。 ポリペプチドの構造のうち,ひだ状のシート構造を(×:αヘリックス ○:βシート)といい、これを二次構造とよぶ。
問4-8-2 次の文について正誤を答えなさい。 ポリペプチドの構造のうち,ひだ状のシート構造をαヘリックスといい、これを二次構造とよぶ。
答4-8-1 文は正しい。 タンパク質(ポリペプチド)を構成するアミノ酸の配列を一次構造という。
問4-8-1 次の文について正誤を答えなさい。 タンパク質(ポリペプチド)を構成するアミノ酸の配列を一次構造という。
【定期】ツイキャスでゲーム実況を配信してます( ˆωˆ )少しでも楽しんで頂けるよう努力しておりますので興味がある方は気軽に遊びに来て下さい!フォローもご自由にどうぞっ(o^ω^o)
るのに対し、「"」(ダブルク
答4-7-9 アミノ酸がたくさんつながった場合、両端のアミノ基あるいはカルボキシ基をもつアミノ酸をそれぞれ(N末端)、C末端アミノ酸という。
問4-7-9 アミノ酸がたくさんつながった場合、両端のアミノ基あるいはカルボキシ基をもつアミノ酸をそれぞれ( )、C末端アミノ酸という。
答4-7-8 タンパク質を溶液中に入れたとき、マイナス電荷(カルボキシル基由来)とプラス電荷(アミノ基由来)の数が等しくなるpHを(等電点)という。この現象は、アミノ酸でも起こる。
問4-7-8 タンパク質を溶液中に入れたとき、マイナス電荷(カルボキシル基由来)とプラス電荷(アミノ基由来)の数が等しくなるpHを( )という。この現象は、アミノ酸でも起こる。
@ay_t_k__is 見本とtest1〜7のファイル計8つをInfanViewでそれぞれ開いて、ウィンドウの大きさ調整して画面上に全部並べた後にview→Display options→Fit images to window… https://t.co/SBy5FVviiR
答4-7-7 アミノ酸は、その分子の中にアミノ基とカルボキシ基をもつ(両性電解質)である。
問4-7-7 アミノ酸は、その分子の中にアミノ基とカルボキシ基をもつ( )である。
答4-7-6 タンパク質は特定の(紫外線)を吸収する性質により定量される。
問4-7-6 タンパク質は特定の( )を吸収する性質により定量される。
'」の違いは次の文字列のエ
答4-7-5 アミノ酸について、分子量が1万に満たないものは(ポリペプチド)とよばれる。
問4-7-5 アミノ酸について、分子量が1万に満たないものは( )とよばれる。
答4-7-4 アミノ酸の並び方は(遺伝子)によって決められる。
問4-7-4 アミノ酸の並び方は( )によって決められる。
あさきゆめみし
答4-7-3 タンパク質を形成する基本的アミノ酸は(20)種類ある。
問4-7-3 タンパク質を形成する基本的アミノ酸は( )種類ある。
スポンサードリンク
30
グッド
2
回答数
7310
ビュー
0
グッド
0
回答数
307
ビュー
スポンサードリンク
アンサー待ちのクエスチョン
0
グッド
0
回答数
307
ビュー
1
グッド
0
回答数
451
ビュー
0
グッド
0
回答数
26
ビュー
1
グッド
2
回答数
15
ビュー
6月20日に最新アンサー
6月20日
0
グッド
1
回答数
23
ビュー
6月12日に最新アンサー
6月12日
0
グッド
3
回答数
25
ビュー
6月12日に最新アンサー
6月5日
0
グッド
3
回答数
23
ビュー
6月5日に最新アンサー
6月5日
リスト
システム改善のご提案をいただいたメンバー機能を実装しました。
改善のご意見ありがとうございました。今後ともカノニマスをよろしくお願いします。